セイフル

配管の老朽化・緊急トラブルに迅速・適切にご対応。
埼玉県の配管設備工事・セイフル株式会社

ご相談・お問い合わせはお気軽に 048-572-2442

COMPANYセイフルについて

セイフルが目指すもの

セイフルが目指すのは
「みんなが喜ぶ会社」。
地域のインフラを守ることで
そこに暮らす人々の
生活そのものを守りたい。
そしてそれを支える社員が
笑顔で働くことのできる
会社でありたいと考えています。

セイフルが目指すもの

人を大切にするということ

セイフルが考える人とは、お客様、お取引先様、施設利用者様、そして社員です。創業から70年、深谷市を中心に周辺地域のみなさまとともに歩んできました。それはこれからも続きます。地域に安定的に技術を提供するためには社員という“人"が必要となります。当社では人材育成の体制を強化するとともに就業時間、休日取得をはじめとした働き方を見直し、笑顔で仕事のできる会社を目指します。

人を大切にするということ

地域を支えるということ

そうして人が育ち、技術提供をすることでまた地域の生活を守ることができる。そんな循環を理想としています。燃料店として創業し、地域の“寒さ"という課題を解決するために生まれた会社です。それから現在まで「こうしたい」、「こうなったら便利」という課題を地域のみなさまとともに解決してきました。これからもセイフルは地域のインフラを支える会社であり続け、地域の生活を支える会社であり続けたいと考えています。

地域を支えるということ

地域を支えるその先に見るのは、
「人と地域が元気になること」

建設業界の課題のひとつが人手不足です。このまま人手不足、技術力の低下が進めば地域社会のインフラを支えることができなくなってしまいます。そんな状況を招くことがないように、まずは定期的な採用で、人手不足を解消する。定期的な採用でジェネレーションギャップのない指導体制もとれると考えています。そのほか、講習会や研修、セミナーを充実させ最新技術の習得を促進するといった若手人材の育成の体制を整えていきたいと考えています。そうして「自社で若手を採用し、育成していける会社」へと変化していきたい。それが地域の生活を守るということに直結するのです。
地域を支えるというその先にはあるのは、地域の活性化だとも考えています。会社としては地域の生活をより豊かにするというのもまたミッションだと考えています。そしてそれは別個のものではなく、リンクしていくものだとも。例えば歴史のある建物や古くからある風景がなくなってしまうこともひとつ。そういったものを時代に合わせる形でエリアリノベーションしていく。そんなことも会社としてできればさらに地域密着型である意味が膨らむと考えています。まずは会社としてできること、例えばそこに社員のサロンを作る、例えばアパートを買い取って自分でデザインのできる社員寮も作りたい。また、いまはまだ設置できていない社員食堂も作って、これまで現場で活躍してくれた父母世代の先輩方にも働いていただき交流を図る場として機能できればと考えています。その輪が広がり、未来には誰もが交流できる場所を作ることができたらと思っています。