セイフル

配管の老朽化・緊急トラブルに迅速・適切にご対応。
埼玉県の配管設備工事・セイフル株式会社

ご相談・お問い合わせはお気軽に 048-572-2442

COMPANYセイフルについて

セイフルの歴史

創業の理由は、当時の地域課題であった
“寒さ"を解決するため。
家庭や事務所、店舗に
燃料が行き渡るよう
岡田燃料店を設立したことが始まりです。
以来、燃料供給だけでなく
工業用インフラ工事など
事業を拡充しながら、
地域とともに歩んできました。

1951年3月

1951年3月

岡田燃料店として、灯油、固形燃料、燃料器具の販売を目的として発足。各家庭、店舗に燃料を届け“寒い"という課題を解決。

1959年4月

1959年4月

液化石油ガスの販売に伴い厨房設備、浴室設備、ガス配管設備工事と営業品目を拡張する。他社にさきがけて住宅設備の取り扱いを開始。

1965年

1965年

株式会社東芝深谷工場が稼動開始。1968年から工場の設備工事を担当することに。これにより大規模工場施設の設備工事、メンテナンスにも対応するようになる。

1971年6月

1971年6月

設備工事の増加に伴い資本金600万円をもって会社名称を有限会社岡田燃料設備とする。工場、病院などの施設の設備工事の受注が増加する。

1994年2月

1994年2月

各種設備工事が主な事業となり、「燃料設備」という名称とのズレが生じたため、社名をセイフル株式会社に変更。

2013年

2013年

省エネ・環境対策を考慮した工事・商品提案に積極的に取り組み始める。省エネ情報誌の発行、セミナーの開催など啓蒙活動にも取り組む。

2017年2月

2017年2月

岡田高和が社長に就任。それに伴い前社長の岡田章が会長に就任する。

未来のビジョン

未来のビジョン

「人を大切にして、地域を支える会社」がセイフルの目指す未来の姿。地域密着型の会社である当社のミッションのひとつは、地域社会のインフラを支え、時代の変化に対応し地域のみなさまに安心を届けることです。その実現のためには“人”の力が必要。常にスタッフの技術力向上を心がけ、人を育てていきたい。そうしてこれからも地域のみなさまとともに歩んでいく。そんな未来を目指していきたいと考えています。

未来のビジョン