配管の老朽化・緊急トラブルに迅速・適切にご対応。
埼玉県の配管設備工事・セイフル株式会社

ご相談・お問い合わせはお気軽に 048-572-2442

FAQ工場設備のFAQ 配管

配管STPG管とはどんなもの?

JISの正式名称は圧力配管用炭素鋼鋼管で、通称 “スケジュール管” と呼ばれます。
ちなみにSTPGとはSteel Tube Pipe Generalの略です。
同じ呼び径でも肉厚の異なるものが用意されています。
その肉厚を表すのがSch(スケジュール)番号です。

 

スケジュール番号が大きいほど肉厚が厚くなります。
従って高圧配管ほど大きなスケジュール番号の管を使用します。

 

よく使うのはスケヨン(SCH40)やスケハチ(SCH80)です。

 

蒸気ドレンのような配管が傷みやすく、漏れが発生しやすい箇所にはスケハチをお勧めします。

 

その際にさらに注意しておきたいのは、シームレス管か電縫管かです。

シームレス(S)…溶接の継ぎ目なし(割高 丈夫)
電縫管  (E)…溶接の継ぎ目あり(割安 シームレスより傷みやすい)

 

STPG 370 E
STPG 370 S

 

などの表記がある際は、用途や予算に応じて選ぶ必要があります。
繰り返しになりますが、蒸気ドレンのような配管が傷みやすく、漏れが発生しやすい箇所には、シームレスを選んでおいたほうがいいです。

 

さらに370などの数字には、410もあり、それぞれ引っ張り強さを表しています。

 

STPG 410 E
STPG 410 S

 

一般的には370が使われることが多いです。

FAQ一覧へ戻る